言葉 & reading

仕事も家事もほどほどに、時間と戦えない人間の趣味ブログ

ブログをはじめて痛感するスキル不足

ブログをはじめて一カ月くらいたった。

 

ブログは自分の思いの丈を綴ることが目的ではじめたが、ブログを読んだ人にいい意味で何かしらの感情を与えられれば悦ばしいことだし、ビジネスの側面も完全に無視しているわけではなかった。(でも現状ほぼ無視!)

ただいざはじめてみると、そもそも思いの丈を綴る文章力、語彙力、インターネット知識ともに乏しくショボいブログしかかけないことに気づく。それに自分の文章が恥ずかしくて、ちょこちょこ記事の微かな修正をおこなっているが、削除してしまいたい葛藤と戦いながら日々過ごしている。ブログタイトルにいたってはかえようか本気で悩んでいるし(この記事書いた後数時間でタイトルを一部削除し変更しています)、です.ます調の文章で統一するか、だ.である調にするかも悩み中、ブレまくる私の脳内。。。

 

こんな私だが、始める前は他人様のブログをネット上で拝見し誤字脱字をみつけてはこんな文章でよくブログが作れたもんだ、と思っていた。まさか自分がそれらの足元にも及ばなかったとは、、自分の想像力の浅さと、頭の弱さが本当に悔やまれる( ̄  ̄)

 

そしてここ数日はどんなブログを皆書いているのかなー、ととにかくブログを読んでいる。

 

そこで感じたこと、それは私のような人間が世の中に溢れかえっているということだ。

なんとなーく書いて、そこからなんとなーく稼げるようになったりしないかなー、とぼんやーり考えている人が思っていた以上に多い。皆考えていることは同じかー自分は考え方等含め少数派だと思っていたけどそんなことは全然無かった。

 

 

あと本気でやっている人とぬるま湯につかりながらやっている人との落差が激しい。ブログの目的は各々違うので一概に優劣はつけられないが、仮に私のような感覚で始めてぬるま湯につかると満足したブログがつくれず目的がぼやけてしまうだろう。

 

そういうこともありはてなブログのガイドブックを買ってみた。私のようなスーパー初心者には役立ちそうな内容が書かれてある。

アクセス数を増やす方法も書かれてあるが今増やしても自分にはマイナスにしかならない気がしているので、まずは出来るだけ良質な記事を増やしていくことが先決だろう。

さて、私の書く良質な記事ってどの程度だろうか、と、はやくも自嘲気味…。

 

 

スポンサーリンク