言葉 & reading

仕事も家事もほどほどに、時間と戦えない人間の趣味ブログ

相棒辞書と出会える本。ガンダムのモビルスーツのように辞書を操縦せよ

国語辞典、このお堅くて、重くて仰々しいこいつらには夢が詰まっている。本を読むなら一冊位は持っていて損はしないはず。

でも何を選んだらいいかわからない!なんて方に朗報、今は辞書ソムリエのような本がある

その名も

学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方


 

選び方ではなく遊び方というのがミソ

 

主張強め、実は性格も伝えたい事も違う国語辞典達

ボキャブラリーがないなんてセリフを英語の意味も知らずに使っていたおバカな時代があった私だが、本を読む上で避けて通れない問題、そう、語彙(=ボキャブラリー)の意味である。わからない語彙にいちいち躓いてはいられないからと放置すると、脳にアホがどんどん溜まっていくので注意しなくてはいけない。いちおう調べるようにはしてるけど、たまに面倒になることもある。この読む、調べる、という作業そのものを楽しもうではないかと問いかけてくるのがこの本なのだ。

実際ぴったりの辞書なんてどうやって見分けるのだろうか、という疑問がでてくるが、同じ国語辞典でも出版社が違えば記載されている語彙や、語彙の説明すら異なってくる。恋愛という言葉についてあっさり一行で終わらせている辞書もあれば、何行にもわたり熱く語っている辞書もある。

辞書の読み比べはガンダムのモビルスーツの性能を比べたいのと同じ?とも書かれており、国語辞典はそれぞれとても個性的、そんな国語辞典達の性格や特技を紹介している本なのだ。でもモビルスーツってなると所詮ニュータイプ用のなんて乗りこなせないし、実際乗れる機体なんて量産型だろうよ、性能もなにも選べなくね!?という、意地悪なツッコミをしてはいけない。

 

自分のスタイルにあう、かつ弱点をフォローしてくれる辞書と遊ぼう!

最初はチャートで自分のタイプを診断できるようになっている。雑誌の心理テストをやってる雰囲気、その後おすすめされた辞典ページにいくと、辞典が漫画チックなイラストに擬人化されており、例えば

岩波国語辞典(都会派インテリメガネ君 岩国くん) 

  • まずはスタンダードが知りたい人
  • 伝統と格式を重んじる保守的な人
  • シンプルな一冊目の辞書を探している人

新明解国語辞典(マイノリティの味方!ワイルドな秀才 新明解くん)

  • 文脈での「語」の意味を知りたい人
  • サービス精神が旺盛で熱い人
  • 人からどう思われても大丈夫なB型気質
出典 学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方

 

とかかれていたりする

ミーハーだから今時の言葉が沢山載っている方がいいとか、言葉の成り立ちを詳しく教えてくれるからこれにしようかなとか、自分の好みによりマッチした辞書がえらべるようになっているのだ。

書店でカバーに入っている辞書を立ち読みしていいかもよくわからないが、今はさらにコロナ警察の目もあり、中々吟味が難しいと思うので、これから辞書を刷新したい方は参考にしてもらいたい。

 

紙は時代遅れ?辞書を引く時間が無駄?だったら何か問題でも?

最近はわからない語彙があってもネットで調べたらでてくるからそんなのいるのか!?時間の無駄では!?なんていう奴さんには是非いいたい、人生には無駄があったっていいではないか。むしろ無駄をいかに楽しむかも豊かに生きる術の一つである。もちろん遊びの話であり、仕事中は効率を考えないと干されることもある世知辛い世の中なので注意。

無駄

役にたたない事。効果、効力がないこと。▷無駄は当て字

出典 明鏡国語辞典

このように調べる癖がついたら自然と語彙力もついてくる。(まあ私はアホなので一つ覚えるかわりに一つ忘れているような気もしているが)

でも紙の辞書は時代遅れだと言う人もいるだろう。私は目があまり良くないのでブルーライトが目に悪い光なんだってよ説にビビっているのでなるべく紙で過ごしたい派だが、未だに紙紙言ってたらカビ生えますよって思われる方にはもちろん、アプリからダウンロードという方法を利用して閲覧できる辞書もある。

三浦しをんさんの「舟を編む」を読んだことがある人ならわかってくれると思うが、辞書は辞書編纂に携わる方々が長い年月をかけて作り上げる芸術作品だと私は思っている。紙質にも拘りがあるようなので、そう考えると結構乙なものだ。

ネットは便利で私達の生活を豊かにしてくれるものだ。ただネットで語彙を調べると記憶からなくなるのも早いような気がする。完全に頼りきってしまっているからかもしれない。これは動機付けの話だから覚え方次第と言われればそれまでだが、楽に手に入るものはありがたみを感じにくいというのは本当だろう。

言葉の大航海、それが辞書、だから日本で最初に作られた言海という辞書のネーミングセンスは抜群。せっかくだからこのまま日本の国語辞典=言海で突っ走って欲しかった。

スポンサーリンク